ブラジル、東南アジアなど幅広い地域で栽培されている
パッションフルーツ(クダモノトケイソウ)の種子に
アンチエイジングに効果の高いピセアタンノールが大量に含まれていると森永製菓が11月16日に発表した。
ピセアタンノールはあの有名なレベラトールに似た構造を持つ物質で
血管弛緩効果、コラーゲン分解抑制・産生促進効果、メラニン合成抑制効果を持つという。
このピセアタンノール今まで自然界ではほとんど発見されていなかったが
パッションフルーツ種子エキスからピセアタンノールが採種出来ることを発見した。
疲労回復や、肌の改善に作用するとのこと。今後の新製品が楽しみですね。
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|